働くとはどういうことか

校内学習-講義(ものづくり分野)

働くとはどういうことか-企業の求める人材と高校生のうちに経験しておくべきこと-

株式会社ナオミ

目的

パートで働く主婦から社長になった経験を持つ講師から、企業で働くことや必要とする能力についての講義を受け、将来の自分自身を具体的にイメージし、自分と他者や社会とのつながりについて考えを深め職業意識を育みます。

実施内容

  1. 仕事とは、自分がやりたいことをするのではなく、企業から求められているものに応じること
  2. 企業は社会からの要求に応じる役割を担っています
  3. 企業のトップが求めている人材
    ・自分の言葉で話せる人
    ・他者を受け入れられる人
    ・協力しあえるコミュニケーション能力を持つ人
受入可能人数 制限なし 実施時間 50分
実施可能時期 随時 実施場所 教室など
対象者 高校生 実施費用 無償
プログラム依頼の申し込み先 株式会社ナオミ

ご希望の場合は当協会のお問い合わせにてお申込み下さい。日程調整の上、打ち合わせに参ります。

備 考 【関連サイト】
傍楽
ナオミビト

期待される効果

  • 社会で活躍するには、コミュニケーション能力が大切であると知ることができます。
  • 将来やりたい仕事を考えるだけでなく、社会にどのように貢献できるかを考える機会となり進路選択に役立ちます。
  • pr_naomi1
  • pr_naomi2

実施により得られた成果

社会人として求められるコミュニケーション能力、プロ意識、礼儀などの大切さを認識することができました。
コミュニケーション能力、他者との協調性を育むためには、学校での勉強や友人とのふれあいが大切であると知ることができました。

←プログラム一覧へ戻る

pagetop