動植物の生態系調査とそれに伴う環境アセスメントについて

校外学習-共同研究(環境・新エネルギー分野)

動植物の生態系調査とそれに伴う環境アセスメントについて

環境科学大阪株式会社

目的

生物調査の模擬体験を通じて、生物調査、環境アセスメントを理解します。併せて生物多様性の必要性と、自然環境保全にかかる現状と課題を学ぶことを目的とします。

実施内容

  1. 生物多様性の理解を深める講義と生物調査の実習方法の解説
  2. フィールドワークでの観察による模擬調査とデータ収集
  3. 生物多様性に関して講師と意見交換
    生物調査の模擬体験と、生物多様性の解析方法の学習
受入可能人数 約40名 実施時間 180分
実施可能時期 随時

実施場所 学校敷地内および付近の公園や河川、樹林地など
対象者 高校生 実施費用 無償
プログラム依頼の申し込み先 環境科学大阪株式会社

ご希望の場合は当協会のお問い合わせにてお申込み下さい。日程調整の上、打ち合わせに参ります。

備 考 実施時間は相談可

期待される効果

  • フィールドワークで動植物の生息調査を行うことにより、環境分野への興味を深め、進路選択の一助となることが期待できます。
  • 環境科学大阪株式会社
  • 環境科学大阪株式会社

実施により得られた成果

鳥類の愛らしさや植物の美しさに触れることにより、動植物が生息できるように環境を保全することの大切さを知りました。
将来、環境や生物分野の仕事に就職するために必要な学習について知ることができました。

←プログラム一覧へ戻る

pagetop